Menu ▼
陰陽学のトップページ

男と女の恋愛に関する行動の違い

男のほうが女性を見る目はたしかですが、直感を失った現在の女性は論理性に頼るわけではないだけに、男を見抜く目そのものが失われる危険性が大いにあります。

外見やルックスだけでなく、やはり男の中身をしっかりみなければ損です。★ここでは、恋愛に関する男女の違いについてご紹介しましょう。





@:男女で違う遊びと本気の恋愛心理


★男というのは、遊びの恋愛を楽しみながら、本気の恋愛も真剣にしているものです。

どちらかというと、一見まじめそうに見える男ほど、二股をかけるのが上手ともいえそうです。なぜそうなるかいうと、まじめな男ほど潔癖症で、最初から妻にするタイプを決めてしまう恋愛心理が働くからです。

結婚するならAのタイプの女性と思い描いていると、それに近い女性が出てくるまで結婚する気はありませんが、それまで恋愛をしないのはさびしいのです。また自分の年齢で恋人がいないのは不自然だと、まじめに考えてしまうのです。

この点、不まじめな男ほど発想は柔軟で、結婚なんていつしてもいい、独身生活で決まった恋人がいないほうが気が楽だ、とブラブラしているのです。このまじめと不まじめの定義は勉強する男と落第男というものではなく、世のなかの取り決めに従うか従わないかの差、と考えたほうがわかりやすいかもしれません。

取り決めに従う代わりに、うまく立ち回るのがまじめな男で、女性にはこの裏が見えないぶん、損をすることになるのです。この男は情というものが湧かないので仕事も冷静に進めて出世していくタイプですが、同時にふたりの恋人と冷静につき合ってもいけるという、有能人間ともいえます。

では、不まじめなタイプはどうかというと、特別に何人とつき合っている、という感覚がなく、世間の常識に従いたくないだけに、恋人ゼロで平気な男もいれば、だらしなく数人の女性とつき合う男だっています。

実は、この種の男たちと違って、利口な男と気弱な男という分類もあります。この二種の男だけはつねに一穴主義を守るタイプで、女性にとっては安心です。とはいいながら、あまり安心でも人生がつまらないという女性もいるだけに、恋愛と結婚は一筋縄ではいかないのです。

★一般に、女性は浮気と本気を線引きして同時進行できません。先輩から、「適当に遊んでいないと、泥沼になるわよ」と注意を受け、まさにそのとおりだと頭では分かっていても、体と気持ちがそうはならないのです。

遊びで肉体関係がもてる女性はめったにいないもので、「楽しい思いをさせてもらった」と、バイバイする女性などめったにいません。

もし、ベッドインが楽しければ「この男と私は性的に合うのだわ」と、むしろ夢中になるのがふつうで、だからこそ泥沼に陥るのです。「性的牽引の法則」といって、女性は性的に合った男に対し、互いに引き合うものを感じてしまうのです。

「切っても切れない関係」という言葉があるように、浮気が本気になって、それまでの生活を捨ててしまう女性も少なくありませんが、男はどちらかというとそうはならないもので、途中で逃げるのがふつうです。

逃げ出せない男だけが悲劇の主人公になってしまうのでしょう。女性との関係を社会的生活のなかの一点でとらえる男と、男性関係をすべての生活のなかの最重要ポイントに考える女性との差が、ここにあるのです。



A:男は征服すると逃げ出し、女は征服されると追いかける


★ズルイ男になると、女性を口説いて口説き抜いて征服してしまうと、逃げ出してしまうことがあります。征服された女性にしてみれば、火をつけられて燃え上がったところで逃げられてしまうだけに、追いかけざるを得なくなります。

「十万の恋」と言葉がありますが、この解釈の仕方が男と女性では反対になるところがおもしいのです。では、どう解釈するのでしょうか?

男は十万という数字から十万人の女性と恋、キス、ベッドインをしたいと想いますが、女性は一人の男と十万回、キスと肉体関係を持ちたいと思う、といわれています。ここが征服側と征服される側の違いですが、女性からすれば、男に真実味がないと受け取るのでしょう。

しかし、この性質を理解していないと、せっかくの恋を得ても男が逃げ出していくことになりかねません。たとえば、男が性急に肉体関係を求めたとしましょう。男から「愛しているよ」といわれれば、相手を憎からず思っている女性であるなら体を任せると思いますが、ここが間違いのもとであることに女性はまったく気づいていません。

自分が愛していれば、もちろん男も自分を愛してくれると信じているので、逃げるなどとは想像もできないのです。残念ながら、こんな単純な思考の持ち主では失恋回数が増えるだけではないでしょうか。

魚でも釣り上げるのがむずかしいほど釣り人の意欲を燃え立たせるように、女性も同じで、口説くのがむずかしい女性ほど、男たちは挑戦意欲をそそられることを知っておくことです。簡単に釣り上げられた女性ほど捨てられる率が高いことを記憶に刻みましょう。

そのときあわてて追いかけても、男はさっさと遠ざかってしまうのです。この思い違いが女性を呆然とさせ、男性そのものに不信感を抱いてしまいますが、それではもったいないと思うのです。

男は基本的に何億個という精子を持っています。ということは同じ女性にその精子を注ぐことはむしろ不自然で、本能的に異なる女性を求めるのです。

★ところが女性の体には、つねに1個の卵子しかありません。この1個の卵子で、もっとも愛する男性の子孫を残したいと思うのですから、何人もの男性を愛することは不可能です。それだけに恋を何回もするわけにはいかず、ときには去っていく男を追いかけることにもなるのでしょうが、そんな恋は女性に損、不幸になるだけなのです。


B:結婚は、男は現実を優先し、女は愛情を優先


★女性は、男を好きになると「早く結婚しよう」という言葉を聞きたがりますが、男はたとえその女性が好きで好きでたまらないとしても、現実を優先し、愛情とは関係なく別の女性をイメージしてしまうのです。

そこで「結婚してくれ」と女性から言われても、グスグスする男は少なくないでしょう。

恋をしている女性は、なるべく早くその男と一日中いっしょに暮らしたいと願うもので、好きな人のそばにずっといたいという気持ちは女性にとって当然でしょう。女性は男も同じ気持ちでいるものと思うかもしれませんが、それこそ錯覚なのです。

もっとズルイ男になると、愛人型の恋人とは最初から結婚を考えずにつき合うケースもあります。それを知らずにいると、あるとき別れ話が持ち上がることになるのです。

ほとんどの男は結婚に際して、この女性を妻として連れて歩いて恥ずかしくないか、ということを考え始めます。あるいは、両親に会わせて気に入ってもらえるかとか、もっと具体的になると、嫉妬心が強くないか、気楽に暮らせる女性であるかどうかまで考えて最終的な結論を出すものです。

もちろん、それを口に出して言うことはありませんが、心のなかではそこまで考えているはずです。こうなると、どんなに愛し合ってつき合っている女性でも、男の身勝手さで結婚できない結果になるのです。

恋愛が幻想であると言われるのも、こういう点なのです。恋の終着駅を結婚に置くのは女性の論理として当然ですが、愛を中心に置いていない男にとっては、愛よりも現実が優先し、それほど愛してもいない女性と平気で結婚してしまうのです。

こういう男は現実にいくらで存在し、彼らは結婚生活に愛は不要だとさえ考えており、こういう考え方はだんだんと増えてきています。そこには、結婚生活における主導権を女性に奪われたくない、という考え方もあるようです。悪く言えば、結婚相手を一段低く見たい、それによって家庭生活を気楽にしたいと思っているのかもしれません。それだけ男たちには危機感があるのでしょう。

近ごろは年上女性との恋愛結婚が増えてきましたが、これも気楽に甘えられるという男の打算が働いていると考えられます。そのように、女性が考える愛情優先主義は、ときに男の理想と一致しないものなのです。

だからこそ、肉体関係を愛情の証として男に与える方法は古くなったともいえます。たしかに愛情の証になったとしても、結婚の証にはなりません。場合によっては一方的に男のトクになってしまいます。

★もちろん、恋愛を遊びとして考えるならこんな深刻な問題は起こりません。ところが、ほとんどの女性は恋愛と結婚を一致させようとします。それは本質的に間違いではありませんが、男の考え方と大きな差があることを知っておくのが賢明でしょう。




男と女の恋愛法則

男を落とす恋愛テクニック

男性に愛される女性の特徴と愛される方法

恋愛メールテクニック

仕事のできる男と仕事のできない男との違い

間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方

しぐさから恋愛相手の心理を知ろう

幸せを呼び込む宇宙の法則

お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術

クセ・表情・好みで分かる性格と心理

人相による結婚相手の選び方

ズバリ当たる大人のための血液型診断

パワーストーンの選び方


Copyright (C)2015. 陰陽学を知って恋愛を楽しもう All rights reserved.