Menu ▼
陰陽学のトップページ

身の丈に合った食事バランスが大切

お肉が大好きで、週に2〜3回は肉屋へ行く人がいますが、美と健康のためには、「身の丈に合った食事」をすることが大事です。
大体、人間が肉食を主にしますと、その歯の形が肉食動物のように尖ってくるのです。

人間の門歯は、だいたい草食動物の門歯と同じであって、野菜を噛み切るためのものですが、肉食を多くしていると、犬歯のとなりの門歯や臼歯が、犬歯のように尖ってきます。

これなども「類をもって集まる」ということから説明できますが、食生活としてはバランスの崩れた食べ方です。



自分の育った地域の食物をバランスよく食べる

人間の食生活で大切なことは、やはり自分の育った地域の食物をバランスよく食べることです。それとともに、「身の丈に合うように、自分の力で採取できるものを基本的に食べる」ということが大切です。

自然界の動物を見れば分かるように、基本的に自分の力で獲ってきたものだけを食べて生きており、自分が獲れないものは食べていません。

それが自然な姿だとしますと、私たち人間の腕力では、何が獲れるでしょうか。


身の丈に合った食物を食べるのが良い


素手で牛を捕まえられますか。
おそらく鳥を捕まえるがやっとでしょう。
ですから、お肉であれば、人間より大きな牛肉や豚肉よりも、鶏肉が身の丈に合った食べ物だといえましょう。
お魚も、まぐろなどの大魚より、自分の手で捕まえられるサイズのものがいいでしょう。

あとは自分で収穫できる野菜や果物、海藻、米、豆類といったものを中心に食べるのが、自然界の理にかなっています。
自然の摂理に反した、分不相応な食事は、体に大変な負担をかけ、確実に老化を早めます。


歯の本数に応じた肉と野菜の摂取量が理想


また、肉と野菜の比率については、人間の歯の構成を考えれば、どういう食事バランスをすればよいのかが自然と分かります。

人間の歯は、全部で32本あり、その内訳は、臼歯(きゅうし)(食物をすりつぶす歯)が20本、犬歯(肉をかみ砕く歯)は4本、門歯(野菜を噛む歯)が8本です。

この歯の本数に応じた割合で、肉や野菜の量を摂るのが理想ということです。

そうなると、食事全体の8割程度を穀物や野菜類にして、魚、肉、卵などのたんぱく質は2割程度にするのが理想的といえるでしょう。




男と女の恋愛法則

男を落とす恋愛テクニック

男性に愛される女性の特徴と愛される方法

恋愛メールテクニック

仕事のできる男と仕事のできない男との違い

間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方

しぐさから恋愛相手の心理を知ろう

幸せを呼び込む宇宙の法則

お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術

クセ・表情・好みで分かる性格と心理

人相による結婚相手の選び方

ズバリ当たる大人のための血液型診断

パワーストーンの選び方


Copyright (C)2015. 陰陽学を知って恋愛を楽しもう All rights reserved.