Menu ▼
陰陽学のトップページ

女性はなぜ「記念日」を大事にするのか?

交際中のカップルにとっての記念日には、いろいろなものがあるでしょう。

一般的によく言われるのが、クリスマスとか、バレンタインデーとか、お互いの誕生日とかですが、二人が最初に出会った日を記念日とする場合もあります。記念日を作ろうと思えば、極端な話、いくらでもつくれそうです。

そして、男性はなぜかこの記念日というやつを忘れてしまうことが多いのですが、別に記憶力が女性に比べて劣っているわけではありません。いつの間にか忘れてしまったというのが正しいのかもしれません。



男にとっての記念日とは?


男の一般的な考えとしては、二人が現につき合っている事実があるのなら、それでいいのではないかと思っており、格別の記念日に格別の思いは抱かないのです。たとえ結婚記念日だとしても同じです。

自分の誕生日は忘れないが、人の誕生日は忘れてしまいます。これも決して不自然ではないのですが、自分の彼女の誕生日を忘れて彼女から怒られた男性もいるでしょう。

そんなことで愛情が足りないと言われても、男にはそんなつもりはまったくないのです。愛情があっても忘れてしまうのですが、女性には理解できないようです。


記念日は女性がリードしたほうがいい


男性に記念日を覚えさせるよりももっと有効な方法は、女性が率先して記念日プロデューサーになって、忘れていることを非難するより、記念日の一週間ほど前から、イベントの告知を彼にするのがいいでしょう。

忘れていたかどうかは別として、それよりも、記念日にはイベントがあるらしいぞと、男の頭にインプットすることを第一にしましょう。

いつもなら、デートに関してもリードするのが男性と決まっているけれど、記念日だけは違い、女性がリードするのです。

「自分の誕生日の企画を自分で考えるなんて・・・」
そんな風に言わずに、自分のだろうと彼のだろうと、計画をどんどん進めましょう。

記念日にふさわしいデート・コース。
記念日のハイライトはどこで過ごすのか?
彼を驚かすにはどうしたらいいのか?
など、あなたはアイディアをいろいろと考えます。

男性は記念日を忘れる後ろめたさから、女性がリードするのに文句をつけたりはしません。一週間も前からいろいろと告知しておけば、彼だってあなたへの誕生日プレゼントを忘れることはないでしょう。

男に何かを求めるよりも、自分に期待し、記念日の素晴らしいアイディアを考えましょう。




男と女の恋愛法則

男を落とす恋愛テクニック

男性に愛される女性の特徴と愛される方法

恋愛メールテクニック

仕事のできる男と仕事のできない男との違い

間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方

しぐさから恋愛相手の心理を知ろう

幸せを呼び込む宇宙の法則

お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術

クセ・表情・好みで分かる性格と心理

人相による結婚相手の選び方

ズバリ当たる大人のための血液型診断

パワーストーンの選び方


Copyright (C)2015. 陰陽学を知って恋愛を楽しもう All rights reserved.