Menu ▼
女が知らない男の秘密
男女の幸せは、陰陽の本質を知ることから
男脳と女脳の差から生じる男と女の本質の違い
男脳と女脳を知れば愛される女性になれる
女性のための陰陽講座
男性のための陰陽講座
男(陽)と女(陰)の行動・価値観の違いって?
男選びのポイントは下半身を見よ
男たちは危機に瀕している
健康は食生活のバランスが大切

結婚できる女性は「母音の使い方」が上手い




私たちが普段、何気なく使っている言葉の挨拶や謝り方など、発音の語感によって相手の感情は大きく左右されています。

つまり、人を心地良くさせるのも、イラつかせるのも、言葉の使い方次第です。

日本語において「語感」を使う場合、まずは音読み、訓読みの二つに分けられます。

母音がしっかりと使われる「やまと言葉」由来の訓読みを発するときは、情の回路が刺激されます。

一方、息をこする子音を多く使う「漢語」由来の音読みは、理性の回路を刺激します。



「嬉しかった」と「感謝します」の心的距離の違いは?


たとえば、会食や仕事でご一緒した人に、お別れの挨拶をする場合、「今日は、ご一緒できて嬉しかったです」と、「やまと言葉」を使うと、優しいイメージになります。

しかし、「ご一緒できて光栄でした。感謝しています。失礼します」と漢字由来の言葉で言うと、敬意は伝わるけれど、距離ができる感じがします。

「やまと言葉」は、とても柔らかく優しいイメージを与えるものですが、その反面、見た目も声も優しい女性が多く使いすぎると、ベタベタな印象になるので注意も必要です。

一方、男性中心のプロジェクトを率いる女性上司なら、「がんばろうね」より「期待してるよ」といったほうが、断然、凛々しくてカッコいいでしょう。

つまり、激励するときや甘えてほしくないときは「漢語」で、仕事が終わったときなど、ねぎらうときは「やまと言葉」で、という使い分けがベストです。

ちなみに、「お疲れさま」「おはよう」などの挨拶は、基本的に「やまと言葉」です。これらは、場の一体感をつくり出す大事な呪文ですので、夫婦や親子でも、しっかり言い合いましょう。


32歳を過ぎたら「すべての男の母になれ」


とっさの会話では、いちいち語感を意識して話すのは無理です。そこで、「口から出る言葉を、上質な大人の女のそれに自然に変えてしまう」コツをお教えしましょう。

男は「娘」と「母」に弱いのです。32歳までは、上司にも娘のような口を利いてもいいし、それが功を奏することもありますが、32歳を過ぎたら、一気に母のような口を利くほうが、圧倒的に効果的です。

たとえば、部長が何か理不尽なことを言ったときに、「え〜、ひどい! どうして、そんなこと言うんですか?」と返してよいのは、娘役だけです。

このとき、上質な大人の女であれば、部長の母になったつもりで、「どうしたんですか? そんなこと言うなんて、何があったんですか? 部長」と言ってください。

実際、エグゼクティブになっている女性は、一様に「母」になっています。
「おっかさん」と言われるような人こそ、女性でトップに上り詰めているのです。










男脳と女脳を知れば愛される女性になれる

【結婚できる女性は男性脳に訴えかけることができる】

男は、自分の結婚相手を運命などとは考えていない
「出会い」をつくるには年代別の方法がある
女性脳は男の短所ばかりが気になってしまう
優柔不断な彼に結婚を決意させる方法とは?
結婚前の同棲は、次のステップがないと危うい関係になる
運がいい人は、潜在意識を顕在化させることのできる達人
他人思いの無邪気さのある人ほど、人生の勝ち組に
女の直観力でものごとはスムーズに運ぶ
結婚できる女性は男性脳の喜ぶ「姿勢」と「話し方」ができる
結婚できる女性は「母音の使い方」が上手い





初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報

男を落とす恋愛テクニック

男性に愛される女性の特徴と愛される方法

恋愛メールテクニック

仕事のできる男と仕事のできない男との違い

間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方

しぐさから恋愛相手の心理を知ろう

幸せを呼び込む宇宙の法則

お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術

クセ・表情・好みで分かる性格と心理

人相による結婚相手の選び方

ズバリ当たる大人のための血液型診断

おひとりさまの心構えと老後の対策


Copyright (C)2015. 陰陽学を知って恋愛を楽しもう All rights reserved.