この宇宙は陰陽の法則で貫かれ、その陰陽が結ばれ宇宙が完成するように、人間も恋愛によって男と女が結ばれ幸せな家庭が築かれる

Menu ▼
女が知らない男の秘密
男と女の幸せは、陽と陰の本質を知ることから
男脳と女脳の差から生じる男と女の本質の違い
男脳と女脳を知れば愛される女性になれる
女性のための陰陽講座
男性のための陰陽講座
男(陽)と女(陰)の行動・価値観の違いって?
男選びのポイントは下半身を見よ
男たちは危機に瀕している
健康は食生活のバランスが大切


男は本当に弱くなったが、このままでは


男は本当に弱くなってしまって、性機能障害や精子異常の若い男性が増えています。



厚生労働省の人口動態統計によれば、合計特殊出生率が1975年に2.00人を切って以来、2013年には1.39人にとなり、毎年低い記録が続いています。

合計特殊出生率とは、一人の女性が生涯に産む子どもの数ですが、その数が年々減少しているのです。

あと20年もすれば、日本の人口も現在の1億2千万人から1億人程度になり、そのうちの3分の1が65歳以上の人が占めるといわれています。

この少子高齢化の大きな原因を探ってみると、女性の側に問題があり、女性が子どもを産まなくなったという説明が大半を占めているようです。

確かに、女性の高学歴化で社会進出が進み、高齢出産になる可能性があるため出産が控えられていることと、養育環境も整っていないなど、いろいろな理由はあるでしょうが、いずれにしても女性の側の問題だという認識が一般化しています。

もっと根本的な問題としては、日本の男が弱くなったことが少子高齢化の主な原因ではないでしょうか。




生命を次の世代につないでいくことは、理屈で結論が出るものではなく、生物の根源的な存在理由ではないかと思われます。

そのため、地球上の生物は、ありとあらゆる方策を講じながら、種が保存できるようにDNAに組み込まれ、その営みが宇宙の誕生から行われているのです。

その務めを果たそうとしなくなっている日本人が増えてきた背景には、男が弱くなってきたため、それに見合う女性の遺伝子が見つからないのではないでしょうか。

女性はいい遺伝子を残そうとする本能がありますが、男の遺伝子が弱くなってきたため、女性の遺伝子とマッチする遺伝子がなくなり、結果的に子どもを産まなくなったのではないかと考えられます。

「狭い日本だから、少しぐらい人口が減少したほうがいいではないか」などと気楽に言う人がいますが、生物・種族にとって最大の危機なのです。日本全体の経済力や政治力にパワーやエネルギーが不足するようになり、終いには、衰退して滅んでいくのが、生物の宿命なのです。

これを防ぐには、女性の力で男をたくましく強くしていくしか方法がありません。

それは男と女のあるべき姿、すなわち原始の姿に戻すしかないのです。
男は、狩をし、女性や子どもたちを守るのを任務としていたし、女性は妊娠・出産・育児を本分とするなど、明確な役割分担があるのです。

そして、女性が、男が命をかけて妻や子どもを守ろうとする気持ちに感謝し、男を立てるようにすれば、男は俄然ハッスルして、男の機能は回復するのです。

それだけでなく、妻と子どものために死に物狂いで働こうとするのです。それが男の本能ですから。








初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報

男を落とす恋愛テクニック

男性に愛される女性の特徴と愛される方法

恋愛メールテクニック

仕事のできる男と仕事のできない男との違い

間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方

しぐさから恋愛相手の心理を知ろう

幸せを呼び込む宇宙の法則

お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策

男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術

クセ・表情・好みで分かる性格と心理

人相による結婚相手の選び方

ズバリ当たる大人のための血液型診断

おひとりさまの心構えと老後の対策


Copyright (C)2015. 恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる All rights reserved.